迷子札の大切さ

2014/05/17

 

2年ほど前に保護した猫、名前は「うり」です。

今は諸事情により実家で暮らしています。

 

 

DSC_1030

人懐こくて保護したその日から家の中でくつろいでいたので、飼い猫だと思いネットや聞き込み・張り紙などで飼い主さんをさがしましたが、結局みつかりませんでした。

この子の飼い主さんを探している時、たくさんの犬猫が飼い主さんの元へ戻れていないことを知りました。

脱走し、保健所に保護された場合の拘留期間は約1週間です。「そのうち帰ってくるだろう・・・」と探さないでいると、あっという間に拘留期間が過ぎてしまいます。

脱走した場合に少しでも早く家族の元へ帰れるように、マイクロチップや迷子札などの装着をお願い致します。

 

そんな保護猫「うり」ですが、たま~に変わった寝方をします。

↓ 世間では“ごめん寝”と言うのだそうです。

ごめん寝 オリーブ動物病院

苦しくないんだろうか・・・と疑問です。